浅間園・自然遊歩道

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻

 北軽井沢観光ガイド

■観光
  火山レース場跡地
  軽井沢スカイパーク
  草軽鉄道廃線跡(国境平〜二度上)
  浅間牧場
  浅間牧場茶屋
  浅間牧場・丘を越えての碑
  浅間牧場・天丸山
  浅間クレールライディングサークル
  二度上峠
  浅間大滝・魚止の滝
  照月湖・鷹繋湖
  大学村
  草軽鉄道北軽井沢駅舎
  北軽井沢ミュージックホール
  アトリエSTAY
  王領地の森
  桜岩地蔵堂
  古瀧庵野草園
  鬼押ハイウェイ・六里ヶ原休憩所
  浅間園・自然遊歩道
  浅間火山博物館
  浅間記念館 (バイク博物館)
  鬼押出し園 (世界三大奇勝)
  花木園
  軽井沢プリンスランド
  軽井沢おもちゃ王国
  嬬恋郷土資料館
  嬬恋村創作実習館
  鎌原観音堂

■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(北軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

浅間園・自然遊歩道

 自然遊歩道は奇岩・鬼押出しの中に2500mにわたって設置されています。鬼押出しは天明3年(1783年)に噴出した溶岩で、天然の火山の姿を見ることができます。鬼押出しの上にはさまざまな高山植物が咲き誇り、小鳥のさえずりがとぎれることがない豊かな自然が広がっています。また、自然研究コースは30分から60分までの4種類のコースを選択でき、お子様からお年寄りの方まで楽しんでいただけます。

 火山博物館の隣、浅間園は、鬼押出しに比べて、売店や、お堂などはありませんが、観光客も少ないので、静かに散策したい時にはいい場所です。ちなみにこの日は平日でしたが、園内では、誰にも出会わず、広大な景色を私たちだけで独り占めできました。数年前から、火山博物館の入場料は800円に値引きになり、浅間園の入場料は、なんと!無料になったので、さらに行きやすくなりましたよ。

隠れた廃墟スポット

 火山博物館から浅間園に向かう途中、浅間展望台があります。ここは、今や全くの廃墟となっています。雄大な浅間山と溶岩の森にたたずんで、朽ち果ててゆく展望台。この立派な建物をみていると、昔はたくさんの人が訪れただろう気配が感じられます。それだけに何だか滅び行く美しさを感じます。「墟」という廃墟ばかり集めた写真集にも、この浅間展望台は登場しています。廃墟マニアにはたまらない場所です。

溶岩地帯

 遊歩道を歩いていると、3階建てくらいの高さの溶岩がごろごろしています。200年前の噴火のすごさを感じますね。浅間山が噴火したときの溶岩のスピードは、時速100キロもあったといいますから、鎌原村を溶岩が覆い尽くすのは、あっという間だったことでしょう。けれども、鎌原観音堂に駆け込んで生き残った93人の村人達は、埋もれた村を見捨てずに再建していったというのですから、その大変さ、祖先の人たちの力強さを思わずにはいられません。


奥は浅間隠山です

 すてきな廃墟、浅間園の奥に見える山は、浅間隠山です。この山は、浅間山の東方に有り、東の吾妻町付近から見ると浅間山を隠してしまうことから、浅間隠山と呼ばれています。また、富士山に似た山容から川浦富士とか、山頂部が二峯に分かれているため矢筈(やはず)山といった別名もあります。約2時間ほどの行程なので春以降にちょっとしたハイキング登山をするのには、もってこいの場所です。今は、春までおあずけですが・・・。


たくさんの植物があります

 溶岩地帯というと、草木も生えないというイメージがありますが、植物の生命力というのはすごいもので、浅間園には様々な植物が生えています。岩の間から生えている松もあれば、ちいさな高山植物もあります。ガンコウラン、イワカガミ、浅間ブドウ、コケモモなどなど。今は葉の地味な姿ですが、初夏から秋にかけてはにぎやかに花や実をつけます。この溶岩地帯もこうやって、いつかは森に帰るのだと思うと、ゆったりとした自然の力を感じますね。
たくさんの植物があります 浅間園

鬼押出全景

 浅間園から見た鬼押し出しの風景です。真ん中に見える三角の建物は、浅間山観音堂です。ここには、大噴火の時に犠牲になった人々を供養するために、ご本尊に東叡山寛永寺伝来の聖観世音菩薩がまつられています。鬼押出し園は、浅間園と違ってお堂や鐘や売店などもそろっているので、シーズン中は、観光客でにぎやかです。


絶景浅間山

 浅間園は、浅間山を見る絶景ポイントとしては、1.2を争う場所です。何しろ、浅間山の噴火で溶岩が流れてできたのがこの浅間園なので、間近に迫力ある姿がおがめます。この日は浅間山も、うっすらと雪景色になりました。雪の白と山の青が混じり合ったこの時期の浅間山は実に美しいです。ブルーベリーから車でたった15分の場所にこんなところがあるのですから、嬉しいかぎりです。
絶景浅間山  浅間園

生命力

 これは、浅間園が作られた頃に、浅間山が爆発したときに備えて設置された待避所です。この中に入って火山弾を防ぐそうですが、横からの攻撃には弱いかもしれません。写真ではよく分かりませんが、コンクリートの台の上に岩が積み重なっていて、その中から木が生えています。コンクリートと石を土台にして木が生えるなんて、植物の生命力はすごいですね。
生命力 浅間園

火星人の基地

 浅間園の全景です。後方には浅間山、前方には浅間高原そしてここは溶岩地帯です。大正時代のSF作家が、この風景を「火星人の基地」という設定にした小説を書いたそうです。確かに、夜中になったら、UFOの1、2台くらい飛んでいそうな風景です。
火星人の基地

鬼押し−浅間園ルート

  浅間園から鬼押出し園を見ると、ほんの数百メートルの距離しかはなれていないように見えます。昔は鬼押し出しから浅間園に抜ける道があったとのことですが、今は見つからないのです。ブルーベリーのマネージャーが、何度か挑戦したそうです。が、ほんの数百メートルが、溶岩や樹木に阻まれてたどり着けない。200年前の噴火で埋まった人々の怨霊のせいでしょうか? 誰か、この道を発見した方は、是非教えてください。
鬼押し−浅間園ルート

バードウォッチング

 こんな寒いところにも鳥の鳴き声がします。浅間園は所々に植物や鳥を解説した看板があるので、予備知識がなくても、自然観察ができてしまうのです。バードウォッチングは暖かい時期のイメージがありますが、葉の落ちた冬の方が、鳥の姿を見つけやすいので適しているそうです。今度は双眼鏡を持ってこようかな。
バードウォッチング 浅間園

深い谷と吊り橋

 突然、古い吊り橋が現れました。橋桁には、「鬼押し出し橋」のプレートが。「し」が多い名前ですね。橋の上から、下を見ると、くらくらするような、深い谷になっています。溶岩ばかりの場所だと思っていましたが、谷には水の流れた跡もあります。溶岩だらけのこの場所でも、たくさんの地下水が流れているのですね。その水のおかげで木も育っているのだなぁ、と思いました。

浅間園のシラカバ林

 浅間園散策コースもそろそろ終盤です。シラカバ林の中を歩きます。シラカバというと、高原のイメージで、見ているだけですがすがしい気分になりますね。北海道では、シラカバの木から出る甘い樹液を「白樺のジュース」として売っているそうです。木そのものからジュースが採れるなんて、おもしろいですね。浅間園のシラカバ林
 また、シラカバのウロには、「カバノアナタケ」というキノコが生えるそうです。この珍しいキノコを煎じて飲むと、人の免疫力をアップさせて、ガンにも効くということで、かなり高価な物らしいです。たまたま、北海道からやってきたスタッフが「カバノアナタケ」を持っていて、飲ませてもらいましたが、ほんのり甘くて、クセのない飲みやすい味でした。(智子)
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区