旧安中藩郡奉行役宅

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
碓井・横川・妙義山の観光
■観光
  めがね橋・アプトの道
  丸山変電所
  碓井関所跡
  碓氷峠鉄道文化村
  妙義神社
  中の岳神社
  妙義山麓美術館
  桜の里
  きのこ館
  板鼻本陣跡(皇女和宮御宿泊所)
  旧碓氷郡役所
  五料茶屋本陣
  新島襄旧宅
  龍昌寺(和合の鐘)
  海雲寺(招き猫の寺)
  武家屋敷
  日本キリスト教団安中教会
  旧安中藩郡奉行役宅
  旧黒澤家住宅
  富岡製糸場
  一之宮貫前神社
  群馬県立自然史博物館
  群馬サファリパーク

■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(碓井横川)
リンク
トップページへ戻る

旧安中藩郡奉行役宅

武家屋敷・郡奉行役宅
と言っても、ただの郡奉行役宅の役宅ではありません。
山田三川の役宅です。

buke-03.JPG

山田三川と言って、ピンとくる人は、日本史やってた人です。
山田三が何者か知らなくても、
『三川雑記』
を読んでない人はいないからです。
江戸・幕末をかじったことのある人で、
『三川雑記』を知らない人は、モグリとさえ言われていますから。

しかし、北海道史をやっている人間にしてみれば、
山田三川の名前は、もっと特別な名前になります。
それを話すと長くなるので、今回は山田三川の
役宅をよくみてみましょう。


まず、郡奉行の役宅について。郡奉行とは、県知事みたいなもので、民政官みたいなものです。ですから、門構えも立派です。なにしろ役所ですから。下の写真が門です。

buke-07.JPG

門の隣に役人の詰め所があります。そして門の屋根をみると分かりますが、茅葺きです。近くに吾妻川が流れているために、茅が無尽蔵にあったので、それを利用したのでしょう。そして土壁。白壁ではありません。郡奉行の役宅にしては、質素な作りですが、これは、安中城にしても一緒で、大名のお屋敷さえも、茅葺きでした。もちろん天守閣なんてものはありません。唯一、瓦を使った建物は、防火のための蔵だけです。


これは玄関。
というより、おしらすですね。

buke-02.JPG

館内は、土間があって、そこから板の間になります。
郡奉行の職員たちは、ここで仕事をしたようです。
記帳などの書類整理と、裁判、警察、土木事業、年貢の取り立てなどが、主な仕事です。イメージとしては、『どら平太』や『たそがれ精兵』に出てくる役所風景に似ています。広さは、16畳の北軽井沢ブルーベリーYGHの4人部屋くらいになります。

buke-04.JPG

これは奉行の部屋。
たったの8畳。
ここだけ、良い畳です。
客間を兼ねるからです。
他の部屋の畳は、最低のものを使っています。

buke-05.JPG

これは中間(下男)の部屋。
わずか一畳です。

中間とは、農民や一般町民が雇われており、自宅から通っていました。だから、こんなに部屋が狭いのです。仕事は、武士が出かける時の荷物持ちなど、雑務をこなしていた。参勤交代の時には大勢の中間が必要となるため、このときだけ臨時で雇われるということも多かったものです。ただ、脇差1つを挿すことを許されており、時には戦いにも参加しています。渡り中間に代表されるように、世襲はされず、一時限りの奉公の場合が多いですね。

buke-06.JPG

家の大きさは、役所を兼ねていることを考えると、かならずしも大きくはありません。北軽井沢ブルーベリーの半分以下の大きさです。台所も小さく、湯殿にも風呂桶はありません。今で言うところのシャワーのみです。そして屋根は全て茅葺きです。

buke-01.JPG

さて、以上の説明の後に、
思い出してほしいのが、
雷電爲右エ門の生家です。


http://kaze3.seesaa.net/article/129286220.html

さて、ここで
農家の屋敷と、郡奉行の役宅を比較してみましょう。
貧富の差は、歴然です。
まず、雷電爲右エ門の生家。

raiden-2.JPG

凄い富豪ですね。豪華な家で、郡奉行の役宅の倍はあります。
それに比べて郡奉行の役宅。

buke-01.JPG

だいぶ、みすぼらしいですね。
ついでに、新島襄(武士)の生家。

Iaa-01.JPG

ついでに、江戸時代の商屋。
http://kaze3.seesaa.net/article/127007387.html

motai-12.JPG

以上、すべて同時代の建物です。

比較すると安中藩の武士の家が、
いかに質素で貧しかったかわかります。
ちなみに、江戸時代の農民たちの米穀の消費量が年間180キロ。
(一石が、150キロになります)
私たちの一人当たりの米の消費量が年間62キロ。
そして、戦後間もない米不足の頃で、
一人当たりの米の消費量が年間80キロでした。

肉を食べるようになり、
肉体労働が減り、
私たちの食生活は、大きくかわってきています。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区