水神の碑・相馬御風歌碑

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 旧軽井沢観光ガイド
■観光
  熊野神社
  見晴台・万葉歌碑
  水神の碑・相馬御風歌碑
  旧三笠ホテル
  有島武郎終焉の地
  万平ホテル
  テニスコート通り
  ジョンレノンゆかりの地
  正宗白鳥文学碑
  ショーハウス記念館
  アレキサンドル・クロフト・ショー
  芭蕉句碑
  旧軽井沢銀座
  神宮寺
  軽井沢森ノ美術館
  軽井沢彫り
  室生犀星記念館
  室生犀星文学碑 (2ヶ所)
  軽井沢小さなカルタ館
  水車の道
  軽井沢聖パウロカトリック教会
  ささやきの小径・旧サナトリウム
  軽井沢写真館
  軽井沢土屋写真館
  脇田美術館

■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(旧軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

水神の碑・相馬御風歌碑

水神の碑

昭和23年に建立されたもので、尾崎咢堂の筆で「水神」と書かれてあります。峠の群馬よりにあります。

相馬御風歌碑

水神碑の10メートルばかり左に、相馬御風の歌碑があります。

相馬御風

 相馬御風(そうまぎょふう)は、日本の詩人・歌人・評論家です。詩歌や評論のほか、早稲田大学校歌「都の西北」をはじめとした多くの校歌や童謡の作詞者としても知られます。

 1883年、新潟県西頸城郡糸魚川町大町(現糸魚川市)に生まれます。高田中学(現新潟県立高田高等学校)を経て早稲田大学に進みます。在学中の1903年に岩野泡鳴らと雑誌「白百合」を創刊。明治1906年、早稲田大学を卒業し、片山天弦らとともに早稲田文学社に入り「早稲田文学」の編集を担当。当時、全盛をきわめた自然主義文芸運動の先鋒として、文芸評論の面で活躍しています。その一方で、三木露風、野口雨情らとともに早稲田詩社を結成し、「口語自由詩」を提唱し、自由な言葉とリズムによる新しい詩のメロディーを主張しました。

 また、同40年には早稲田大学創立25周年に際し、大学や恩師に委嘱されて作詞した校歌「都の西北」は不朽の名作として今も歌い継がれています。大正初年にはトルストイの人道主義に傾倒し、『戦争と平和』など多数のロシア文学作品の翻訳本を出版しています。また、同5年3月、故郷糸魚川に退住を決意した告白の書といわれている『還元録』を出版し、友人・知人に配っています。

 糸魚川に退住した御風は、ライフワークとなった良寛研究、執筆読書の生活を続けます。また、現在も親しまれている童謡「春よ来い」など、たくさんの名曲の作詞も手がけています。生涯で七千首以上といわれる自らの作歌活動のほか、短歌結社「木蔭会」を結成して郷土の歌人の育成にも努めたほか、文芸雑誌「野を歩む者」を通じて、ふるさとの自然を讃え愛しんでいます。昭和25年5月7日、突然脳いっ血で倒れ、翌8日逝去。享年67歳(満66歳)でした。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区