ブランジェ浅野屋

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 旧軽井沢の自然・ハイキング
■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
  しげの屋
  くんぺい童話館
  万平ホテル・カフェテラス
  はちみつソフト(杉養蜂園)
  フランスベーカリー
  ブランジェ浅野屋
  ミカドコーヒー
  茜屋コーヒー
  Paomuぱおむ
  ちもと
  ハルピン料理『小恵会館』
  トラットリア・ラ・カンティーナ
  びすとろ パナッシェ
  ビストロパッション
  BOBOS (ボボス・旧軽)
  わかどり(テニスコート通)
  作りたてジェラート(リビスコ)
  鳥勝
  三代目なべやつる吉
  グランカフェ・ローザ
  CHAY HANE チャイハネ
  テラスメイ
  カフェ・ラフィネ Cafe Raffine
  恵みシャレー(雲場池)
  トラットリア プリモ(primo)

■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(旧軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

ブランジェ浅野屋

 東京にも何店舗かあるので、知る人ぞ知るパン屋さんですが、やはりブランジェ浅野屋は、軽井沢でなければ意味がありません。水と空気が違っているからです。これは、豆腐やコーヒーなんかでも言えることなんですが、水と空気が違うとまるで違う味になってしまうのです。酵母は環境により大いに変化するため、同じパンでも味わいが違ってくるのだそうで、東京の浅野屋と、軽井沢のブランジェ浅野屋では、味は全く別物なのだそうです。

 しかし、パン通の御客様から教えて頂いたウンチクを、ここに書かせていただければ、そういう差よりも、焼きたてであるかどうかの差の方がもっと重要ですし、さらにいうとパンと一緒に飲む紅茶やコーヒーの味の方がもっと重要だとか。湿気も、天気も重要だとか。パンというものは、奥が深いんですなあ〜。

 ちなみにブランジェ浅野屋さんは、戦前から東京と軽井沢で在日大使館や、外交官および政財界に納入しつづけてきたらしく、戦後は、軽井沢にお見えになった今上天皇の皇太子時代から御成婚後まで30年間余り、ブランジェ浅野屋さんのパンを御愛用なさってこられたそうです。

 このブランジェ浅野屋の凄みは、パン焼釜です。ヨーロッパでは昔から使用されている本格的なスペイン製の石窯を輸入して、カラ松の薪を使って焼き上げてるというから驚きます。約3000個の穴あきの煉瓦を、およそ30トン使って作り上げたスペイン製の石釜なんです。

 しかも、常時100種類のパンが用意されているというから驚きます。しかも天然酵母を使用しているというので、さらに驚きですね。また天然酵母のために季節によって微妙に味がかわるのも楽しみの一つです。それにしても浅野屋さんはいつ行っても、混雑。いつも大盛況。だからブランジェ浅野屋に行くならシーズンを外した方がいいかもしれませんね。


レストランのシェマリー

 ブランジェ浅野屋(あさのや)の奥にはレストランのシェマリーがあります。ランチメニューは数種類。サラダとパンがセット。パンは、おかわり自由なのが嬉しく、おかわりするごとに別の種類のパンを出してくれます。ですから、パン好きの人間にはたまらないらしいのですね。だから浅野屋さんのレストランは、いつも満員。行くなら、やはりオフシーズンがいいかもしれません。

レストランのシェマリー

このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区