泉洞寺

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 信濃追分の観光ガイド
■信濃追分の観光
  遠近宮
  中山道69次資料館
  わかされの碑
  追分一里塚
  追分宿
  追分コロニー
  堀辰雄文学記念館
  追分宿郷土館
  浅間神社
  泉洞寺
  ホームズ像
  枡形の茶屋つがるや
  鐵音茶房
  橙(とう)
  そば処源水
  カレー&パスタ花
  盛盛亭(モリモリ亭)
  ごんざ
  かしわや
  追分蕎麦・生成・ささくら
  ドルチェ -Dolce-
  和珈琲

■御代田の観光
■小諸市の観光
■東御市の観光
■佐久の観光(岩村田地区)
■佐久の観光(臼田地区)
■佐久の観光(浅科地区)
■佐久の観光(望月地区)
サイトマップ(総合)
サイトマップ(信濃追分)
リンク
トップページへ戻る

泉洞寺


 泉洞寺は慶長3年(1598)3月、上州(嬬恋村)常林寺第5世・心庵宗祥禅師によって開創されます。禅師は武士でしたが、長篠の戦いで多くの死傷者を目の当たりにし、無常を感じ出家をしたといいます。

 同寺には追分出身の書家・稲垣黄鶴の句碑をはじめ多くの作品が残っており、客殿の襖や壁掛けなどにそれらを拝見することができます。また、境内の裏手には、作家・堀辰雄が愛した石仏がたたずんでいます。また、堀辰雄に連れられ詩人・立原道造も境内や周辺を散策し、高原のひとときを過ごしたといいます。門前にはいかにも田舎道の傍らにそっと佇んでいるような野仏が並んでいます。
 宿場時代の遊女の墓も多いそうです。墓石の中には「泡雲幻夢童女」という可憐な法名の墓もあります。ロマンティックな法名ですが、墓は寛政八年(1797)6月26日袖山庄八娘の銘があり旧軽の旧家袖山家の娘さんです。



 本堂横手にある墓地へ行くと、ここへよく散策に来ていた堀辰雄が愛した如意輪観音の半跏思惟像があります。頬に手を置いていることから地元では「歯痛止めの仏さま」といわれ、今も慕われています。

このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区