蕃松院

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
佐久(臼田地区)の観光ガイド
■信濃追分の観光
■御代田の観光
■小諸市の観光
■東御市の観光
■佐久の観光(岩村田地区)
■佐久の観光(臼田地区)
  狭岩峡
  広川原の洞穴群「最勝洞」
  日本で一番海から遠い地点
  臼田文化センター
  鎌倉彫記念館
  稲荷山公園
  ふるさとの塔
  新海三社神社
  龍岡城五稜郭
  上宮寺の梵鐘
  蕃松院
  龍岡の町・高札場
  臼田宇宙空間観測所
  うすだスタードーム
  湯原神社

■佐久の観光(浅科地区)
■佐久の観光(望月地区)
サイトマップ(総合)
サイトマップ(信濃追分)
リンク
トップページへ戻る

蕃松院


 当山はご本尊に釈迦牟尼佛(お釈迦様)を戴く曹洞宗で、本山は永平寺(福井)と総持寺(鶴見)です。寺殿によると、かつて西方にあった明法寺は戦火に遭い、現中門の西に移りました。その後、天正8(1580)年儀山げん孝大和尚により整備され、曹洞宗として開山されました。天正11(1583)年、戦国の武将、田口城主依田信蕃は、岩尾城を攻め、弟源八郎と共に没しました。その子松平康国、小諸城主となるや父信蕃の追福供養を念じ、その居館跡に堂宇を再建し、父の御戒名「蕃松院殿節叟良○大居士」より寺号をとり蕃松院としました。

 江戸時代に入り、この地は田野口藩の領下となり、天明6(1786)年より歴代藩主のお位牌を安置し菩提寺となりました。寛政2(1790)年落雷のため焼失しました。現本堂は文政5年の再建ですが、特にその規模は県内屈指で、彫刻の多用等江戸時代後期の曹洞宗建築の特色を今に伝えています。

歴代住職は正法の興隆と檀信徒の安祥を願い護持発展に精励されました。とくに明治初期、第21世新井良音大和尚、仁王門の建立等に努め中興の祖と敬慕されています。寺の裏山には信蕃の墓と伝えられている五輪塔があり、後方には古城が高くそびえます。実に、風光清秀の中に堂宇整然とした佐久の一大古刹です。


お釈迦様を本尊とする曹洞宗。戦国の武将依田信蕃を開基とし、江戸時代には、田野口藩の菩提寺となる。現本堂は圏内屈指の規模で彫刻の多用等江戸期の曹洞宗建築の特色を伝える。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区