妙全杉・龍澤寺の大杉

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 六合村・白砂渓谷観光ガイド
■草津温泉の観光
■草津温泉・共同浴場
■六合村の観光
  野反湖
  白砂渓谷
  世立八滝
  世立のしだれ栗
  道の駅六合
  冬住の里資料館
  よってがねえ館
  小雨馬頭観音
  妙全杉・龍澤寺の大杉
  チャツボミゴケ
  百八十八観音
  赤岩集落 重要伝統建造物群
  重要伝統的建造物群(湯本家)
  吾嬬橋 村指定文化財
  暮坂峠
  暮坂高原 花楽の里
  尻焼温泉 ねどふみの里
  八間山
  エビ山 かもしか平 高沢山
  花敷温泉
  尻焼温泉 天然露天風呂
  尻焼温泉 バーデ六合
  尻焼温泉 関晴館別館
  応徳温泉 くつろぎの湯
  合赤岩温泉 長英の隠れ湯

■吾妻川の観光
■倉渕地区の観光
■榛名高原の観光

サイトマップ(総合)
サイトマップ(草津・六合村・吾妻渓谷)
リンク
トップページへ戻る

妙全杉・龍澤寺の大杉

 龍澤寺は、吾妻郡内で最も古い寺で、天養元年(1144年)に尼僧の妙全が、建立し開山しました。その後、栄昌が住したのち、文禄3年(1594年)に曹洞宗の僧侶が、湯本三郎右衛門源幸綱を開基として再建しました。慶応2年(1866年)10月20日に、全山焼失してしまいましたが、慶応3年(1867年)に再建しました。しかし、明治43年(1910年)に水害により流失してしまい、その後、学校として使用していた建物を移築して本堂とし、再建しました。



 龍澤寺の入り口にある巨木が「妙全杉」です。「龍澤寺の大杉」とも言われ、道行く人を驚かせています 龍澤寺の開基、妙全尼がお勤めの帰りに、寺の石段の下に逆さにおいた杖が、そのまま根付いて大木になったものだと伝えられています。今も枝が逆さに垂れているのだと信じられ、「妙全尼の逆さ杉」とも言われています。




 樹齢850余年で、樹高38メートル、幹囲約6メートルという大杉は、県下の名木に数えられる大杉です。六合地区の人はこの杉を大切にし、町の天然記念物に指定されています。



このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

関連サイト
軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区