小串鉱山

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 万座温泉地区の観光ガイド
■万座温泉地区の観光
  万座ハイウエイ
  嬬恋牧場
  弦ヶ池
  熊池
  万座の空吹き
  牛池
  熊四郎岩
  毛無峠
  破風岳
  小串鉱山
  万座温泉・湯畑
  湯の花旅館
  サルノコシカケ湯・サルノコシカケ茶
  豊国館
  万座高原ロッジ
  万座プリンスホテル
  万座温泉ホテル
  万座温泉聚楽
  万座温泉コマクサ祭り
  表万座スキー場
  万座スキー場

■白根山地区の観光
■バラギ高原の観光
■菅平高原の観光
■真田地区の観光

サイトマップ(総合)
サイトマップ(万座・白根・バラギ)
リンク
トップページへ戻る

小串鉱山


 破風岳から見下ろす所に、小串鉱山があります。1971年に廃坑になってしまった硫黄鉱山の集落跡です。こんな山奥に、最盛期は2000人もの人が住み、学校やスーパーや、遊園地までがあったというから驚きます。ただ現在は、草木も生えない土山と、集落があったはずの平地、半分崩れている山です。

 ちなみに廃坑ですから、どのガイドブックにも載っていません。つまり、穴場中の穴場です。小串鉱山は廃墟ではありますが、かつて3万人の人間が働いていたという日本で2番目に大きな硫黄鉱山でした。その昔、山津波が訪れて壊滅的な打撃を受け、閉山となってしまった悲しい歴史があるところです。

 昭和12年には、大規模の山崩れが起こり、245名もの方々が亡くなりました。犠牲になったのは鉱山で働いていた大人だけでなく、31名の児童も含まれていました。山崩れがきっかけで廃坑に追い込まれたのではなく、その後も小串鉱山は、事業を拡張しつづけ、昭和44年には、全国の硫黄生産の10パーセントを生産していたのです。

 鉱山跡には、硫黄を運んだ鉄塔や、発電所などがぽつぽつと残ってはいますが、全ては時と共に風化し、土に帰りつつあります。今、鉱山跡を守る者は、天然記念物の日本カモシカだけとなりました。


このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

関連サイト
軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区