今宮白山権現跡

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 バラギ高原観光ガイド
■万座温泉地区の観光
■白根山地区の観光
■バラギ高原の観光
  鳴尾の大杉
  円通殿
  今宮白山権現跡
  宝篋印塔
  無量院の五輪塔
  大笹関所跡・大笹街道・仁礼街道
  芭蕉の句碑と筆塚
  抜道の碑
  バラギ湖
  バラギ温泉湖畔の湯
  石樋
  野地平湿原
  浦倉山
  茨木山・バラギ山
  四阿山・吾妻山権現
  鬼岩
  的岩
  パノラマライン北ルート
  愛妻の丘
  鳥居峠
  パルコール嬬恋スキー場

■菅平高原の観光
■真田地区の観光

サイトマップ(総合)
サイトマップ(万座・白根・バラギ)
リンク
軽井沢観光ガイドのトップへ戻る

今宮白山権現跡

シリーズ嬬恋村の文化と自然今宮白山権現のこと

 石川、岐阜、福井県境に位置する白山は711年、越前の僧によって開かれたとされる。以来、立山と共に山岳信仰の対象として、あるいは修験道の聖地として著名となり、各地にその拠点が設けられるなど、その信仰は高まった。
 群馬・長野の県境に位置する吾妻山(四阿山)は、早くから白山権現を祀るなどして、山岳仏教や修験道の聖地であった。 『加沢記』によれば「……本朝の元祖にて井莊諾尊(いざなぎのみこと)を白山権現と敬いたてまつる。信州浅間、吾妻両山の御権現御一体なり、…・:」とあり、吾妻山に白山権現を祀っていたことを記している。さらに「上州の里宮は吾妻郡三原の郷にぞ建てまう」とも記している。
 上州の里宮とされ三原郷の今宮権現について、今井在住西窪淳氏所蔵の石造塔の台石には

奇進社領之事、右所滋野瀧下□□、今宮白山権現に永代奇進申所也、子々孫々に於、不可有以疑、若いぎ申物ハ、権現之御ふけうた畄可也、仍為後日状如件、
 應仁三年巳丑十一月吉日   大旦那滋野朝臣景幸
   願主別当法師心秀口郷二郎やしききえ申所也

 とあり、1469年にあたる応仁3年、吾妻郡の在地領主である羽尾景幸が、今宮白山権現に社領を寄進する。と記したものである。。また、三原出土の経筒の銘文には越前州平泉寺とある。平泉寺は、白山比盗_社の別当寺であり、□とされる梵字は、白山の本地仏である十一面観音を表している。これらのことから、享禄3年(1530年)の頃、すでにこの地に白山の信仰が浸透していたことを物語っている。

 その後、天正8年(1590年)ときの沼田藩主真田信幸も、武運長久のため社領として5貫文を寄進したとの史料もある。

 西吾妻の滋野姓海野氏を名乗る武士や真田氏は、武運長久と領内繁栄のため、今井の地に白山権現を祀るなど、吾妻山の神を篤く崇拝していたのである。

松島榮治先生の講義録より
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区