抜道の碑

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 バラギ高原観光ガイド
■万座温泉地区の観光
■白根山地区の観光
■バラギ高原の観光
  鳴尾の大杉
  円通殿
  今宮白山権現跡
  宝篋印塔
  無量院の五輪塔
  大笹関所跡・大笹街道・仁礼街道
  芭蕉の句碑と筆塚
  抜道の碑
  バラギ湖
  バラギ温泉湖畔の湯
  石樋
  野地平湿原
  浦倉山
  茨木山・バラギ山
  四阿山・吾妻山権現
  鬼岩
  的岩
  パノラマライン北ルート
  愛妻の丘
  鳥居峠
  パルコール嬬恋スキー場

■菅平高原の観光
■真田地区の観光

サイトマップ(総合)
サイトマップ(万座・白根・バラギ)
リンク
軽井沢観光ガイドのトップへ戻る

抜道の碑

シリーズ嬬恋村の文化と自然 抜道の碑

 近世の関所は、江戸警備のために設けられたものであった。このため「入鉄砲に出女」と言われ、江戸への武器の持込みと、参勤交代で江戸在住を義務づけられた諸大名の妻や娘の江戸脱出を防ぐ意図があり、共に謀叛の前兆として重点的に取り締まった。特に女性の通行には厳しかった。抜け道の碑
 大笹関所の場合も別ではなかった。元禄14年(1701)の「御関所男女出入改日記」には、女性の通過だけが、特に詳細に記録されているがそれは関所設置の意図を強く反映したものであろう。
 関所の通過には、代官や名主などの発行する身分や旅の目的を示した“関所手形”が必要であった。また通行は昼間に限られていた。このため、手形を持たない者や夜間の旅人は、間道を利用することもあったが、それは「関所破り」として重罪に処せられた。
 しかし、その掟も時代が下がるにつれて弛み、決まり通りには運用されなかった。「抜け道」の出現である。大笹関所の場合は“女道”とも呼んだ。この道は、大笹宿の手前から南方に浅間山麓を迂回して.長井河原に出て本通りに合するものであった。ところで、この道は広大な浅間山麓の一部を過るため、地理に疎い旅人には、不安なしかも危険な道であった。
 こうした女道の路傍に、嘉永5年(1852)一基の石碑が建てられた。碑は高さ80センチ程の自然石安山岩で、その正面には
「嘉永五 壬子歳 五月吉日馬頭観世音 佐藤五兵衛 建之」とあり、左側面には
揚雲雀見聞てこゝに体ふて右を仏の道と志るべし 正道

と刻まれている。

 「仏の道」とは、善光寺道のことであり、女道とされる抜け道の「道しるべ」としたものである。建碑者佐藤正道は、大笹宿の俳人であったが、正道の豊かな詩情と時代の背景は、この風流な碑を生んだのであった。事情あって、この道を辿る幾多の旅人が、この碑に安堵の胸をなで下ろしたに違いない。


松島榮治先生の講義録より
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区