市村記念館

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 新軽井沢観光ガイド
■観光
  ボヘミアンガラス美術館
  軽井沢ガラス工芸館
  軽井沢型絵染美術館
  小さな美術館軽井沢草花館
  FM軽井沢
  軽井沢ブライダル情報センター
  軽井沢外人墓地
  軽井沢友愛山荘
  軽井沢大賀ホール
  矢ヶ崎公園
  駅舎記念館
  軽井沢駅
  草軽交通
  市村記念館
  歴史民俗資料館
  軽井沢図書館
  軽井沢現代美術館
  軽井沢・プリンスショッピングプラザ

■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(新軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

市村記念館


市村記念館は、近衛文麿公、市村今朝蔵が別荘として利用したものですが、平成9年、長倉の雨宮御殿の中に移築され、市村家より町に寄付されました。

 ここで重要なキーワードがでてきます。

 近衛文麿
 市村今朝蔵
 雨宮御殿

です。何のことか分からないという方に、この3つを説明します。まず、近衛文麿とは、有名な総理大臣の名前です。つまり、市村記念館は、近衛文麿総理大臣の別荘なんですね。それがどうして『市村記念館』なのかと言いますと、市村今朝蔵という人が、近衛文麿総理大臣から買って、ながいこと使っていた建物を町に寄付したから『市村記念館』なんです。市村さんの寄付だから、市村記念館なんですよ。

 じゃあ、雨宮御殿とは何かと言いますと、その市村記念館が建っているあたりの持ち主が、雨宮敬二郎という人の御殿だったからです。つまり、市村記念館のある、この広大な土地は元々雨宮敬次郎のもので、軽井沢でプランテーションを行なう中で開発し、最終的に町に寄贈されたものだったのですね。そこに市村さんが寄贈した市村記念館を移築してできたのが、『市村記念館』なのです。
市村記念館
雨宮御殿の門
市村記念館
雨宮御殿
 つまり、この市村記念館の見学のポイントとして、

近衛文麿  総理大臣の別荘として歴史をしのぶ
市村今朝蔵  市村記念館の主として歴史をしのぶ
雨宮御殿  広大な土地を開発した財閥の夢の後をしのぶ

という3点に気をつけなければなりません。

 市村記念館市村記念館

 市村記念館。記念館の建物は、大正時代に洋風住宅建築会社「あめりか屋」によって建てられたもので、大正15年に近衛文麿が軽井沢第1号別荘として野沢源次郎から購入し、昭和7年に政治学者として近衛と親交があった市村今朝蔵が購入したのち、昭和8年に南原に移築されました。


 平成9年に現在の場所、雨宮池の東端に移築復元され、旧姓市村信江、令子姉妹が中心となり、母・きよじの逝去後、この地に移築して寄贈、歴史資料をちりばめた市村記念館としてオープンされたものです。南原の別荘地としての開発に尽力した市村今朝蔵とその夫人で名誉町民となった市村きよじの資料をはじめ、雨宮敬次郎、近衛文麿の資料が展示されています。

  ところで、移築に際し、建材の新調は無かったのだそうでと、補修すべき個所を除いて、そのままなのだそうです。つまり築80年の貴重な建物だそうです。ですから、1階の居間に、近衛首相の残したゴルフ靴の跡がわずかながらも残っています。
 
所在地 軽井沢町大字長倉2112-21
電話 0267-46-6103
開館 9時〜17時(入館は16時半まで)
休館 月曜、祝日の翌日、年末年始、7月15日〜10月31日は無休
(11月16日から翌年3月31日まで休館)
入館料 大人400円、子供200円(資料館と共通)
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区