アララギ園

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 嬬恋村・浅間高原・湯ノ丸・鹿沢観光ガイド
■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場
  高原野菜直売所(鬼押しハイウエイ)
  高原野菜販売所 (パノラマライン)
  キャベツロード (キャベチューの丘)
  つつじヶ丘花牧場
  羽生田農園
  もり農園
  アララギ園
  嬬恋緑地
  つまごい村観光農園
  丸山農園漬物本舗

サイトマップ(総合)
サイトマップ(浅間高原)
リンク
トップページへ戻る

アララギ園

 アララギ園とは、シャクナゲをはじめ、様々な木や野草を育てている造園会社です。アララギ園の先にある、嬬恋村シャクナゲ園のシャクナゲは、アララギ園の社長、坂井さんの寄付によるものです。アララギ園なくして、シャクナゲ園はなかったと言えます。お父さんが経営していたアララギ園を、坂井さんが引き継いだのは、昭和48年のことでした。当時は、名前の通り、アララギ(イチイ)を中心に育て、販売していました。
「今後はなにか、新しい植物を育てたい」
と思いながら山を歩いていた坂井さんは、大輪の花をつけた美しいシャクナゲに目を奪われます。



坂井さんは決心しました。
「種からシャクナゲを育てよう」

 商売も軌道に載った数年前、坂井さんの所に、村の観光商工課の人がやってきました。アララギ園の上に村の持っている土地があるので、そこをシャクナゲを植えて、観光客の人達に見てもらえないだろうか? という相談でした。

 もともと、山からもらったシャクナゲの種が、アララギ園のシャクナゲになったのです。それならば、シャクナゲは寄付しましょうということで、坂井さんはこころよく決断しました。末端価格で10〜30万円以上もするシャクナゲの木を、惜しげもなく、何万本も寄付してしまったのです。この事実に、嬬恋村村民は驚きました。特に坂井さんがシャクナゲの栽培に、とても苦労したことを知っている人たちは、驚愕しました。そして、驚いた役場の人も、観光関係者の人も、続々とシャクナゲ園に集まり、植樹の手伝いに行きました。嬬恋村におけるプロジェクトXがはじまったのです。村中の人間たちが、シャクナゲ園にボランティアに集まり、カラマツ林でしかなかった村有地を伐採し、シャクナゲの植樹をスタートさせたからです。

 もちろんアララギ園の坂井さんも、ボランティアで従業員を引き連れ、植樹や造園を手伝いました。1円にもならないのに、自分の会社の人間と機械を使い、除草剤まで無料提供してまで植樹を手伝いました。坂井さんは、シャクナゲを寄付するだけでなく、造園まで手伝ったのですが、ここまでのお人好しには、さすがの村民もあきれかえりました。坂井さんが金額に換算したら、いくら村に寄付したか、見当もつきませんが、古今東西、こういう事を聞いたことは他にありません。

★アララギ園有限会社
代表取締役 坂井 敬一
〒377−1613
群馬県吾妻郡嬬恋村大笹2148−19
電話・FAX 0279−96−0119
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区