深沢紅子野の花美術館

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
南軽井沢の観光ガイド
■観光
  南が丘美術館(三五荘資料館)
  浅見光彦倶楽部
  軽井沢タリアセン/塩沢湖
  ペイネ美術館
  深沢紅子 野の花美術館
  軽井沢高原文庫
  軽井沢絵本の森美術館
  エルツおもちゃ博物館
  軽井沢上野美術館
  浅間山荘事件記念碑(治安の礎)
  レマン湖
  ぎゃるり詩季彩
  軽井沢植物園
  軽井沢オリンピック記念館
  革の子工房
  霧下織工房
  ルヴァン美術館

■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(南軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

深沢紅子野の花美術館

収蔵は、野の花を題材にした水彩を中心に、油絵、リトグラフ、挿絵、装幀の書物、愛蔵品など。展示室では季節にそった展示、アトリエの再現などをご覧になれます。




深沢紅子野の花美術館
tel.0267-45-3662 
fax0267-45-6466

■開館時間:午前9時〜午後5時
■入館料:大人[高校生以上]:700円 小人[小学生以上]:400円
■軽井沢高原文庫、ペイネ美術館とのセット券/大人:1500円 小人:800円
■団体:20名以上は1割引 団体100名以上は2割引


野の花を愛した深沢紅子(1903〜1993)は、洋画家として活躍する一方、昭和39年頃から20年余、縁あって夫省三(画家)とともに旧軽井沢の堀辰雄山荘を夏のアトリエとして使用し、数多くの高原の花を水彩で描き続けました。そうした作品を鑑賞していただくために、平成8年7月、軽井沢の歴史的遺産のひとつである旧・軽井沢郵便局舎の移築とともにその2階に開館いたしました。

深沢 紅子(ふかざわこうこ)
1903(明治36)年 岩手県盛岡市に生まれる。
1919(大正08)年 盛岡高等女学校を卒業。13歳頃から
           池田龍甫に日本画を習っていたため
           東京女子美術学校日本画科に入学。
1921(大正10)年 油絵科に転科。岡田三郎助に師事。
1923(大正12)年 同校卒業。同郷の画家深沢省三と結婚。
1925(大正14)年 二科展に初入賞。
1937(昭和12)年 第一回一水会展に出品。
1947(昭和22)年 第一回女流画家展に出品。
1949(昭和24)年 一水会優賞受賞。
1952(昭和27)年 一水会委員となる。
           戦後、盛岡短大・自由学園等で美術の指導にあたる。
1964(昭和39)年 この頃から約20年、旧軽井沢の堀辰雄1412番山荘にて夏を過ごす。また戦前、戦後を通じ
           堀辰雄、立原道造ら文学者の本の装幀なども多く手がける。
1993(平成04)年 3月25日山中湖山荘にて永眠。享年90歳。
1996(平成08)年 7月、軽井沢に「深沢紅子野の花美術館」開館。
           8月、盛岡に「深沢紅子野の花美術館」開館。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区