ミカドコーヒー

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 旧軽井沢の自然・ハイキング
■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
  しげの屋
  くんぺい童話館
  万平ホテル・カフェテラス
  はちみつソフト(杉養蜂園)
  フランスベーカリー
  ブランジェ浅野屋
  ミカドコーヒー
  茜屋コーヒー
  Paomuぱおむ
  ちもと
  ハルピン料理『小恵会館』
  トラットリア・ラ・カンティーナ
  びすとろ パナッシェ
  ビストロパッション
  BOBOS (ボボス・旧軽)
  わかどり(テニスコート通)
  作りたてジェラート(リビスコ)
  鳥勝
  三代目なべやつる吉
  グランカフェ・ローザ
  CHAY HANE チャイハネ
  テラスメイ
  カフェ・ラフィネ Cafe Raffine
  恵みシャレー(雲場池)
  トラットリア プリモ(primo)

■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(旧軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

ミカドコーヒー

軽井沢で老舗の喫茶店といえば、ミカドコーヒーです。ミカドコーヒーの名前が広く知られるようになったのは昭和44年に発売された「モカソフト」というヒット商品によるところが大きいのではないかと思います。かのジョン・レノンとオノ・ヨーコもここの常連で、モカソフトを食べながら旧軽井沢銀座を散策したそうです。それが「食べ歩き」の元祖になったという話もあります。このモカソフト、ドリップしたての珈琲の香りとほのかな苦みがあり、さっぱりとした口当たりで実においしいのです。


長野県北佐久郡軽井沢町旧道786-2
0267-42-2453
AM10:00〜PM5:30(オーダーストップPM5:00)

旧軽井沢にミカドコーヒーがオープンしたのは、昭和27年。戦後、珈琲がようやく皇族、外交官、文化人の飲み物から一般人に広まってきた頃でした。けれどもまだコーヒーは高価な飲み物。1カップ60円位でした。その当時、ミカドコーヒーは、日本橋室町にスタンド形式で、半額の値段でコーヒーを販売しました。今で言うドトールコーヒーなどのはしりであり、コーヒーの普及に大きな役割を果たしました。けれども、今のミカドコーヒーは、安いフランチャイズの形式をとっていません。ブラジルやコロンビアから厳選された豆を使って様々な種類のコーヒーを販売しています。



 軽井沢旧道店に30年勤めた著者がによる「軽井沢ミカド珈琲物語」という本が、文芸社から出版されています。ミカドコーヒーを訪れたたくさんの著名人のエピソードを知ることができます。
 ところで、このモカソフト。店内で食べるのと買って歩きながら食べるのでは値段が違います。モカソフトねらいだったら、280円の安い値段で買えるお持ち帰り用がおすすめ。のんびりしたい人には、店内で、レトロな雰囲気を味わいながら、昔からの製法で作られているる濃厚なチーズケーキやアップルパイをいただくのもいいですね。



このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区