真田氏本城

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 真田地区観光ガイド
■万座温泉地区の観光
■白根山地区の観光
■バラギ高原の観光
■菅平高原の観光
■真田地区の観光
  角間渓谷
  角間温泉
  岩屋観音
  山家神社
  長谷寺
  真田氏本城
  真田氏歴史館
  お屋敷公園
  ゆきむら夢工房
  真田温泉健康ランドふれあいさなだ館
  黒門・あじさいの道
  信綱寺
  古城緑地広場
  古城庵
  実相院
  傍陽ふるさと公園
  地蔵温泉十福の湯
  千古の滝
  千古温泉
  真田氏記念公園

サイトマップ(総合)
サイトマップ(万座・白根・バラギ)
リンク
軽井沢観光ガイドのトップへ戻る

真田氏本城


 天文年間(1532-55)ごろの真田氏の築城ともいわれていますが、鎌倉時代に横尾氏、または幸隆以前の真田氏が現在の信綱寺にあった居館から居を移したといわれています。天文二十(1551)年、幸隆は独力で戸石城を乗っ取り、小県周辺の旧領を回復し、戸石城を預けられた。この頃から、幸隆が没する天正二(1574)年までの間に、真田氏館が平素の居館として構築され、真田本城はその本拠の城としていたと推定されています。

 幸隆の死後は信綱が跡を嗣ぎましたが、天正三(1575)年、長篠・設楽ヶ原の合戦で信綱・昌輝兄弟は織田信長・徳川家康連合軍の鉄砲隊の前に討ち死にし、幸隆の三男で当時、武藤家を嗣いでいた武藤喜兵衛(真田昌幸)が真田家を相続しました。天正十(1582)年三月に武田氏が滅亡し、昌幸は織田(滝川一益)、北条氏政、上杉景勝、徳川家康と四回主人を代えた。天正十一(1583)年に真田昌幸が上田城を築城開始し、天正十三(1585)年に移り、真田本城も廃城となりました。


軽井沢を中心とした地域の案内ページです。古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光ガイド軽井沢でスノーシュー北軽井沢物語北軽井沢のユースホステル北軽井沢の散歩道